鍼灸温熱治療院
“神楽坂・エコパオ”のつぶやき日記
もっとも身近な自然界
“からだ”に聴く
今ココの感覚
じぶんを旅する、
からだ対話ブログ
背中の叫び
足の裏におんなの人生がでる
と、昔どこかのおじさんが言ってた。
へえ〜、なんの?と思った。

もうかれこれ
延べると4万にんくらいの
カラダ、いえ心身をみてきたぼくらは
いつも背中と対話する。

後ろには目がないから
ある意味、緊張感がつねにあるんだ。
周囲、環境、外界、
そう人間関係や、安心して生きているかどうかを
表現している、といつも思う。

たたかって、いたり
詰まって、いたり
ちぢまって、いたり。

大丈夫と言い聞かせながら
リラックスを連呼して
頑張っている背中のかたさは
いきなり脱力を目指すのではなくて

ひと息ひと息
呼吸を入れたり出したりする
動きをなでながら
背中に空間、をみつけていく。

丁寧にやろう。



 
ココロのコリ comments(2) -
太陽が痛い
『ともちゃん、
健康な人にとっての太陽は素敵だけど
具合の悪い人にとっては、
時に太陽は、痛いんだ。』

霊感がつよくて、人間嫌いな友達に
昔いわれた一言が、ココロに残っている。

貴女の明るさは
何かを照らすけれども
それをイタイと感じるヒトもいるんだよ、
と教えてくれた。

その言葉は、
わたしの中にある“影”を
許してもらった気がして
むしろ、救いだったのを覚えています。

今、重い病気の父をもつ2歳の女の子を見る度に
ひまわりのような、あの子を見る度に、
一所懸命に
母を、父を笑わそうとしているかのような
痛さを感じてしまう。
いや、本当に強いのかもしれないけど

おーい、ぶすっとしていい
泣いてもいい、不機嫌で
いいんだぞ、と
耳元でささやきたくなる。
ココロのコリ comments(0) -
| 1/1 |