鍼灸温熱治療院
“神楽坂・エコパオ”のつぶやき日記
もっとも身近な自然界
“からだ”に聴く
今ココの感覚
じぶんを旅する、
からだ対話ブログ
スマロスと、エコパオ移転。

泣きました

この一年。

Smapが…Smapがあ…。

心折れて、目も腫れて。

 

そんな年末

12月27日に

エコパオの移転が決まりました。

 

大掛かりな耐震補強工事をして

再契約。

12月26日までは

そのつもりでいたのでした。

 

すでに塞き止めるものはなく

腰は砕け

洗い出しにオロオロと、

落ちました。

 

工事はせずに売却、が

急遽決まり

私たちの更新の可能性が

消えました。

 

そんな急なことですから

お別れの時間もそこそこに

ある日来たら更地だった…

みたいなことになるのかもしれません。

 

不躾で

ほんとうにごめんなさい。

そして

お願いがあります。

 

1/13(金),14(土),15(日)に

人夫。

新しい場所の床づくり

お手伝いくださる

ガッテン野郎、ナグリ女子

を募集しています。

 

可能性を秘めた

熱い方は

ぜひぼくらに

愛のテを。

ziggy@ecopao.com

 

つながり comments(0) -
ごちそうさまを言いたくて
お休み中
玄関前に
筍をそっと置いていってくださったのは
どなたでしょうか。

…ごちそうさま、
 です…
つながり comments(0) -
シズカナル体内反戦
たたかいの種は
今ここにある。と、
凝った背中を前にして
いつも思うんです。

休息をゆるさない自分
安眠を妨げる思考
脱毛してなお、手放さない
こだわりや使命感
なにかに打ち勝つのか
なにかを達成するのか。

左の肩がこんもりと腫れているような
肩こりと、頭痛のひと。
どうか非対称をゆるしてください。
あなたの目のつかいかた
あなたのストレス
あなたのとらうま。

いろいろな軋轢を引き受けて
あなた自身を守ってきた
この盛り上がった背中を
どうか許してやってくれませんか。

自分を痛めつけることに無感覚になりすぎて
結果的に変形した、自分のからだを
ただただ敵視するとき
それは自分もの
というよりも
憎むべきなにか別の物体
に見えてくる。

自分の中で起こっていることに
無関心であるのは
いちいち感応していると
たしかに、めんどくさいから
いろいろ無視しつづけて
痛むまで気づかない。
いや、
安心できないから
手放せない
ってことなんだけどね…

さて
そんなわたしは今
53にして発症した
アトピーの痒みと
たたかっている(!)
いや、たたかわないって
決めたんだ。
ブツブツには
かゆみ止めとか、塗らない。
解毒放置。
で、馬油を塗りました。その手を
猫が美味しそうに
なめている。
無添加、
じつに自然のものだ。
ああ、かゆい。



 


 

つながり comments(0) -
治療をギフトにできないか…の問い
ずっと探しつづけてきたものが
おぼろげながら、見えてきた。

あるとき通りがかりで入って来た
難病の女性。
ひとしきり
食養や手当の話で立ち話。
帰り際
深々と頭を下げられて
「もう少し頑張れそうです」
と言われた。

その時の至福な感じが
ちょっと不思議で
その後そのことについて
ときどき思い出していた。

お金をいただいて
治療をしたときの“当たり前”な
やり終えた感、と
お金をいただかないで
なにかお役に立てた感
とに
大きな違いがあった。

ぼくらは
お役にたちたいんだ
喜ばれるとうれしいんだ
という
確かなニーズにたどり着いた。

いつか、大金が手に入ったら
もしくは
いつか、すべての借金がなくなったら
ギフトで治療をできるようになりたい。
絵に描いた目標は
昨年のソーヤ海くんとの出会いで
俄然真実味を帯びてきた。

いつかではない
今でしょのささやきが響く。

静かなる予感に満ちて
待つ。
そうね、来年くらいには
実現したい。

 
つながり comments(0) -
老母は、幼稚園児じゃない
老いた親を連れて
病院に行く。

看護師さんは、
かん高い声で、
母に話しかける
『◯◯さ〜ん、聞こえますかあ?』
『おばあちゃ〜ん、わかりますかあ?』

援助職の人の
この独特の大声とトーンに
ときおりムッとする。

確認する必要のある
ニーズは、わかる。
でも、
なんか
幼児にさとすような
あの独特の物言いに

ぶっ飛んでしまった畏敬の念が
木っ端みじんに
砕かれるようで
嫌なんだ

ふつうに
しゃべってください。
つながり comments(0) -
ニーハオおじさんがいない
大きな声で
だれかれなしに話しかける。

赤ちゃんとか、
目のあった私とかに
「ニーハオ」とかいう。

ときどき
歌ってるときもある。

近所でも
きっとみんな知ってる、
自由表現者。

彼が居候してた家が
取り壊された。
家主は引っ越した模様。

ニーハオおじさんが
居なくなった。

さみしいよ。
元気にね。
つながり comments(2) -
パーマカルチャーで、ちゃんと地球とつながる
共生革命家ソーヤ海くんがやってくる。
http://tokyourbanpermaculture.blogspot.jp

NVC ( Nonviolent communication )の安納献さんと、
センサリーアウェアネスの齊藤由香さんとの
ActiveHopeつながり、
たくさんのご縁が重なって、
海くんのワークショップが実現しました。
わーいわーい。

なんだろう、
彼を見ていると「希望」を抱く。
まだ会ったこともないのに、
とても身近に感じ
まだ会ったこともないのに、
彼をみんなに紹介したい!!とさえ思ってしまう 。

ひと昔まえの革命家といったら
もっと真っ赤に、たたかっていた。
なのに、彼のたたえる珠玉の笑顔が
泉のようにゆたかなエネルギーを放つ。

パーマカルチャーをはじめ、非暴力コミュニケーション、
ゲリラ瞑想…
海くんにはたくさんのチャンネルがありますが
今回は、「都会でできるパーマカルチャー入門」として
お話いただきます。


<日程&場所>
2014年11月20日(木)夜7時から9時まで
(そのあと持ち寄りご飯)
場所 神楽坂・エコパオ
   162-0828 東京都新宿区袋町3番地

<持ち寄りご飯>
つくってくれてもいいし、時間がなかったら
買ったものでもOK.

<参加費>
ドネーション制
なぜドネーションなのか?海くんの費用の理念
を読んでください。
http://tokyourbanpermaculture.blogspot.jp/p/blog-page_01.html

<お申込>
杉田とも(ジギー)ziggy@ecopao.com


【 ソーヤ海 - Kai Sawyer 】
1983年東京生まれ。新潟、ハワイ、大阪、カリフォルニア育ち。米・カリフォルニア州立大学サンタクルーズ校で心理学、有機農法、パーマカルチャーを実践的に学ぶ。2004年よりサステナビリティーの研究と活動を始め、同大学で「持続可能な生活の教育法」のコースを主催、講師を務める。現在、東京大学大学院生(面白くないから休学中らしい)。 誰もが尊重される平和な社会へ活動中。東京アーバンパーマカルチャーを主宰。http://tokyourbanpermaculture.blogspot.jp/
つながり comments(0) -
| 1/2 | >>