鍼灸温熱治療院
“神楽坂・エコパオ”のつぶやき日記
もっとも身近な自然界
“からだ”に聴く
今ココの感覚
じぶんを旅する、
からだ対話ブログ
休日のギックリ腰に。
盆暮れ正月のお休みに、
つまりお医者さんが休診の時期に
不安を覚える人がいます。
おもちが喉に詰まったら、
もちろん救急車ですが
何か家でできる手当を、知っておきたいですね。
うちに電話をいただいたら、こんな風にお応えしてます。

「ぎっくり腰」
腰はもちろんなんですが、まずお腹を温める。
貼るカイロのようなものではなく
(表面だけを暖めてしまうので、自発的な温度調節ができにくい)
湯たんぽや、コトコト30分ほど煮たこんにゃくがおススメです。
こんにゃくは、ビニールでくるんで(水分が出ないように)密閉し
手ぬぐいで包んで下腹部に小一時間あてておく。
(くれぐれも火傷注意!)できれば下腹部と仙骨(尾てい骨を含めたその上の方まで)に。
そして、骨盤を固めるために、ベルトやサラシなどでぎゅっと締める。
この時上過ぎるとウェストで上がってしまうし、
下過ぎると股関節をいためてしまうので
左右両サイドの骨を包むように締めてください。
寝るときはベルトを外します。
固い床(寒くないようにフローリングに毛布引いたりして)に寝ること。
そして、ウロウロ出歩かず、2〜3日は、固めて横になっていること。
寝正月ってやつですね。
横向きでTV見るときは、頸椎に負担がかからないように
雑誌を積み上げて高めで固めの枕を(もちろん仰向けになったら外す)してください。
自宅でできる応急処置 comments(0) -
火傷は、洗わない。
半年前に、鍋をたおして大やけど。
救急車を呼ぶ大惨事でした。

火傷は、水で冷やす前に馬油を塗れ
と、馬油の製造元から
言われていた私は
水道に走りかけて方向転換。
馬油をひと瓶、塗りたくりました。
ビニールをかぶせて氷で冷やし
そのまま救急車へ乗り込んだ。

あの時、水で洗い流していたら
皮膚が水流ではがれてしまうところでした。
そして馬油を毎日塗り続けて
医者が驚くべき早さで
皮膚は再生しました。
↓ ものの1ヶ月!!




それ以来、いつも言ってます。
水で洗う前に、馬油。

たまたま今日来た患者さんが
水で洗ってケロイド状になっていたので
ああ、言っておけばよかったなあ、と思ったので。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
自宅でできる応急処置 comments(0) -
| 1/1 |