鍼灸温熱治療院
“神楽坂・エコパオ”のつぶやき日記
もっとも身近な自然界
“からだ”に聴く
今ココの感覚
じぶんを旅する、
からだ対話ブログ
かくれ斜視
ふだんは中心に焦点があっていて
目を閉じたときに
瞼の中で
黒目のいずれかが外側を向いている。
このギャップは
とてもストレスで、
疲れ目の大きな原因でもあります。

目と自律神経の関係は深く
気分のムラやアンバランス
頭のモヤモヤ
首や背中の過緊張にも
つながります。

瞼をゆっくりと
閉じたり、開いたり
自分の黒目がどこにおさまるのか
の感覚を
追いかけることができるでしょうか。
…んん…コレ、ものすごく難しいのです。

このゆっくりとした
瞬きをすると
唾液がじゅじゅっと出ることに
お気づきでしょうか。

内側の潤いは
深いリラックスのしるしですから

ちいさな時間に
このまったり瞬きを
やってみてね〜

目の問題 comments(0) -
眼球の圧---ぎゅっと瞑る
「目が疲れるし、眼球が固い気がするので、
  チンするアイマスクで暖めるのはどうですか?」

いいです。
暖めるのは、きっといいと思います。

私たちの眼球は
目を守り、働かせるために必要な筋肉にささえられて
そこに在ります。
あまりピンとこないかもしれませんが
筋肉には当然神経系統が密着しており
ココロが緊張すると、
それなりに筋肉もグッとくる。

たとえば
PCに夢中で向かい合ったりしていると
顎関節なども力が入りますし
寝ている間のストレスケアで、
歯を食いしばったり、ちいさな歯ぎしりをしたり

それは歯の問題
だけでなくて
目をぎゅっとして眠ることと
とうぜん、繋がっているわけです。
そしてそのつながりは
首や背中の緊張とも地続きです。

そう、からだの緊張のなにもかもが
眼球を、締めつける。
でも、
ああ目、固いなあ
と思えているのなら、まだましで
絞っている感覚そのものがない
コトの方が、問題だと 思うのです。

慣れてないと、その緊張に気づくことが難しいので
かんたんにチェックできること?

お布団に入ってから寝る前に
顔中をぎゅっと、縮めてみる、ね。
で、緩める。

わたしたちは
ちゃんとする、きちんとすることばっかりを
教えられるから
この緩めることに慣れてないです。
なら思いきって、ぎゅっとすれば
あとは、ゆるむしかないもんね。

息もね、吸うことばっかりしてると
上がっちゃう。
吐いて吐いて、吐ききったら
いやでも吸うから、そういうやり方も、
アリです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
目の問題 comments(0) -
| 1/1 |