鍼灸温熱治療院
“神楽坂・エコパオ”のつぶやき日記
もっとも身近な自然界
“からだ”に聴く
今ココの感覚
じぶんを旅する、
からだ対話ブログ
背中の叫び
足の裏におんなの人生がでる
と、昔どこかのおじさんが言ってた。
へえ〜、なんの?と思った。

もうかれこれ
延べると4万にんくらいの
カラダ、いえ心身をみてきたぼくらは
いつも背中と対話する。

後ろには目がないから
ある意味、緊張感がつねにあるんだ。
周囲、環境、外界、
そう人間関係や、安心して生きているかどうかを
表現している、といつも思う。

たたかって、いたり
詰まって、いたり
ちぢまって、いたり。

大丈夫と言い聞かせながら
リラックスを連呼して
頑張っている背中のかたさは
いきなり脱力を目指すのではなくて

ひと息ひと息
呼吸を入れたり出したりする
動きをなでながら
背中に空間、をみつけていく。

丁寧にやろう。



 
ココロのコリ comments(2) -
Comment








いつも、背中が縮こまってる。闘ってる。って言われているのを思い出しました。
私は誰と、どうして闘ってるのでしょうか…。
from. キクチ | 2015/06/21 09:41 |
誰と?何と?がわかったとしても(思考で)
ゆるむ、とも限らないから
それはまあ、放っておいて、今はいったん息しようっていう
ささやかで、ちいさな一瞬をね。今ね。
from. ziggy | 2015/06/21 11:15 |
<< NEW | TOP | OLD>>