鍼灸温熱治療院
“神楽坂・エコパオ”のつぶやき日記
もっとも身近な自然界
“からだ”に聴く
今ココの感覚
じぶんを旅する、
からだ対話ブログ
からだの中のキシむ音
ある朝、痛みで目が覚めた。

からだの中心
どういったらいいんだろうか
真ん中の筒。
ズキンって感じが
これは、硬くなっている
動脈なのか?!

体内で起こっていることが
もう少し感じられればいい
と思う。

わたしたちの曾祖師
センサリーアウェアネスの創始者
エルザ・ギンドラー
末期の肺病を
呼吸へのアテンションを研ぎ澄ますことで
完治したことで知られている。

わたしたちは
血管が硬くなりかけても
子宮内で筋肉がかたまりかけていても
胃におできができそうなことも
全然、感知しない。

なにかの検査や機械にかけないと
自分のからだに起こっていることなど
さっぱりわからないのだ。

からだの異変に
すこしくらい開かれた感性を開いても
いいんじゃない。

なんて思っていたら
小麦を断っている方から
こんな報告。

「からだの中の軋む音が、なくなった」
「??」

一瞬、キシむ音って?
と思ったけど
そうそう
あの朝方の、筒状の痛みを思い出した。

そういえば
ほんのり頭痛
関節のギクシャクした痛み
筋膜が剥がれるような変な痛み
がないもんね。

グルテンフリーはつづく…。
 
- comments(0) -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>